Top
音楽と科学の融合
明日の紀尾井ホールでのコンサートはコチラ!
スケジュール→西本智実公式HP

音楽がどのような作曲技法で作られ、
それによって
どのような効果を生み、
さらにその音楽が脳にどのような作用があり、
どのような感覚や感情を生みだすのか・・・

イルミナートフィル(総勢64名)& 脳科学者 中野信子氏&わたし
音楽の不思議な世界を紐解くコンサートです!

平日お仕事されてます方達の熱いリクエストにお答えしまして、
平日の場合このコンサートシリーズでは、
少し遅目の開演にしています。ヽ(´▽`)/

開場18時45分
ロビーではウェルカムドリンクサービスと
下記写真のメンバーによる弦楽アンサンブルで皆様をお迎え致します。
海外ではよくありますが、お客様同士のコミュニティを広げるサロン空間をご一緒に創って頂けますと幸いです(^^)


(ロビーでのウェルカムコンサートアンサンブルメンバーです!)


a0155408_21164742.jpg


Solo Vc 木越 洋
Vn 1 福田理貴
Vn 2 菅谷 史
Va 原田友一
Vc 三宅依子
Vc 苅田鉄平
Cb 岡田友希

そして、
19時30分開演です!


[PR]
# by tomomi-nishimoto | 2017-06-15 21:34
風を詠む音の旅
明日オーチャードホールでのコンサートは、
東急文化村と国際交流基金と準備をして参りました
『アジアを紡ぐコンサート~風を詠む音の旅~』です。
まずは、滅多に演奏されない、
G.ホルスト作曲『日本組曲』からスタート。
短い作品ですが、各曲に題名が付けられています。
1.前奏曲 漁師の歌
2.儀式の踊り
3.操り人形の踊り
4.感想曲 漁師の歌
5.桜の木の下での踊り
6.終曲 狼たちの踊り

この作品は、ホルスト作曲“惑星”の作曲中に、
伊藤道郎氏の委嘱により作曲されました。
作曲年は1915年、大正4年。
イギリス人ホルストが対した日本を題材にした作品通して、当時の世界から見た日本を想像したい。

プログラム2曲目は、
タイの S.ウォンタラドン作曲
“ North Wind”
タイの民族楽器 チャケィとオーケストラ作品を初演します。
無調のモダンスタイルで作曲されています。
チャケィ演奏は、A.ミールートソム

コンサート前半最後の曲は、
フィリピンの J.トレド作曲
“ HOY! BATA”
女声ソロとオーケストラ作品を初演します。
フィリピン各地の民謡を元に作曲されています。

休憩を挟んで第2部は
G.ホルスト作曲
組曲 惑星
1. 火星 戦争をもたらすもの
2. 金星 平和をもたらすもの
3. 水星 翼のある使者
4. 木星 快楽をもたらすもの
5. 土星 老年をもたらすもの
6. 天皇星 魔術師
7. 海王星 神秘をもたらすもの

5曲目の木星はとてもポピュラーですから、
全曲演奏される機会はあまりありません。
1番の理由は、
楽器の種類がとても数多く、女声コーラスも入るので経済的にとても厳しいからです。
(女声コーラスは舞台袖で歌う事と、作曲家の指示。)

倍音が織りなす響きが、
揺らぎながら ゆがみ・・・

こういった響きはマイクを通さない生演奏でしか聴こえません。
生まれて交わり消えてゆく音の不思議を感じてみて下さい。

a0155408_23425035.jpg

[PR]
# by tomomi-nishimoto | 2017-06-05 23:47
舞台の準備
今日は3つの舞台のリハーサルがありました。

1つ目のリハーサルは、
イルミナートの合唱団の中には
“イルミナート フレンズ” があり、遠方で合唱団に入れない人たちもここに参加し、プッチーニ作曲『修道女アンジェリカ』を演奏するためのリハーサル。
詳細はこちら→イルミナート公式HP

2つ目のリハーサルは、
ヴァチカン国際音楽祭のリハーサル。
今年で5年連続招聘となりました。
詳細はこちら→イルミナート公式HP

3つ目のリハーサルは、
イルミナートバレエの『ロミオとジュリエット』のリハーサル。

スケジュールはこちら→西本智実公式HP
a0155408_22330773.jpg

3つの舞台とも、死生感を見つめる作品です。だからこそ、今をどのように生きるかを考えさせてくれる作品でもあります。




[PR]
# by tomomi-nishimoto | 2017-06-03 20:36
季節の狭間
久々に目黒雅叙園へ。
クーラーがバッチリ効いていて、屋外の湿度が高くなっているのを実感する。

アメリカの映画界の方たちとlunch meeting
a0155408_20514264.jpg

[PR]
# by tomomi-nishimoto | 2017-05-25 20:51
新作の舞台を制作中
卒塔婆の語源が、サンスクリット語で
Stupa(ストゥーパ)であった事を知った時、
私の中で点と点が繋がりはじめ、数年前より
模索準備していた作品。

去年エルサレム滞在中に一気に台本と構成を書いたものが、先月4月から音楽部分、5月からようやく本読み稽古といった現場リハーサルに辿り着きました。
a0155408_22284021.jpg


観阿弥が生み世阿弥が磨いたお能
【卒塔婆小町】という日本の古典を
イノベーション オペラとして、小野小町の
孤独を甦らせたいと願い、舞台を製作したい情熱に駆られています。
a0155408_22292497.jpg

[PR]
# by tomomi-nishimoto | 2017-05-24 22:30



指揮者西本智実のオフィシャルブログ。ロシアーヨーロッパー北米ーアジアー南米ー中東の順に約30ヶ国でこの道の旅を続けている。趣味はドライブと温泉。和食や和工芸をこよなく愛している。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
未分類
最新の記事
音楽と科学の融合
at 2017-06-15 21:34
風を詠む音の旅
at 2017-06-05 23:47
舞台の準備
at 2017-06-03 20:36
季節の狭間
at 2017-05-25 20:51
新作の舞台を制作中
at 2017-05-24 22:30
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
ライフログ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧