Top
<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
コシノ三姉妹
昨夜はコシノ三姉妹による、『フォーエバー「お母ちゃん」』の発起人のひとりとしてパーティーに参加してきました。(^-^)

そして、その「お母ちゃん」こと、小篠綾子さんがモデルとなるNHK朝の連続ドラマ「カーネーション」が10月から始まる記念のパーティーでもありました。(^^)v

綾子さんの心意気やお人柄のDNAが、ヒロコさんジュンコさんミチコさんに受け継がれている姿は感動的でした(;o;)

コシノ三姉妹が壇上で並ばれてご挨拶される時も、さすが長女!さすが次女!さすが三女!といった三姉妹ならではのウィットに富んだスピーチ\(^^)/

一番感動的だったのは、世界で活躍されるコシノ三姉妹が、綾子さんのお話をされる時は一様に少女のようになられること。

何て素敵なことなんだろう!

朝ドラや大河は海外でも観れますから、コシノ三姉妹のお母さまがモデルのドラマだと後から知る外国の方も沢山いるんだろうな(^!^)y~
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2011-06-16 10:11
諸橋轍次記念館
先週末に新潟県三条市に行ってきました。

西洋化に目が向けられていた当時にあって漢字・漢文を体系化され、戦火の中の様々な困難も超える精神。
諸橋博士が中国に渡ったのは清朝末期。
当時の断片がそのまま下田村の記念館にあるかも、と、博士の生家から八木ヶ鼻を見ながら、、どこか大陸的に感じる断崖の山を見ながら思った。

今、京都に向かう新幹線の中です。
車中の友「荘子」を読みます(^^)。
a0155408_14135167.jpg

[PR]
by tomomi-nishimoto | 2011-06-14 14:15
帝国劇場で
今年の12月にミュージカルナンバーを指揮する事になっているのもあり、昨日「レ ミゼラブル」観劇してまいりました。(^^)
特別記念キャストとあり、日本のミュージカル界が進化している様子も感じました。

そしてこれは客席の力がかなり大きいな、とも感じました。

訳詞上演ですからどうしても日本語の文法と英語の文法で生じる音楽と言葉の「位置」の問題や、字余り的な事は気になりますが、さすがに素晴らしい作品でした。\(^^)/

昨日は一部貸切り公演で、女子高生たちで会場も若々しいエネルギー(^_-)

休憩中に聞こえてきた会話に、「何でジャンバルジャンは急にリッチになったんだろう?」(^o^;)
とかわいい素朴な疑問。

この中から今日の舞台に感動してミュージカルの世界に入る人もいるだろうな、、と、楽しみな想像もしました。
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2011-06-10 15:14
汗ばむ
今日の東京は陽射しも気温も突然夏のようだった。

色んな国に飛ぶと、季節が戻ったり、追いかけてきたり、飛び越えたりする、ある日がある。

カルメン全幕を聴いていたのに『花の歌』を何度もリピートしてみた。


そして、やっぱり最後の場面も何度もリピートしてみた。
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2011-06-07 00:11
ひとつの歴史
今日の金沢での千秋楽で、ロシア国立響の来日公演を心待ちにして下さった方たちからオーケストラメンバーに手紙やきれいな折り紙のプレゼントを頂き、彼らもとても喜んでおりました。何より今回の来日コンサートを聴いて下さいました事、彼らの伝言と共に、改めて
“スパシーバ
ヴァーム(ありがとう
あなた)”

千秋楽の打ち上げパーティーでは、オーケストラメンバーの家族や親戚からも来日するには時期が早すぎると反対された話しも聞きました。
そんな時、日本人としてつらい事でもありますが、これは風評でもない現実として想像して下さい。
ロシアの国土から見れば、日本は実際小さな国土でもありますが、その国土と比較すると信じがたいけれど日本とほぼ同じ人口です。しかも100以上の異なる民族が暮らす国でもあります。

チェルノブイリは当時の旧ソ連という合衆国の中にあり、現在はウクライナでロシア共和国ではありません。
正確な地図を見ればわかるようにチェルノブイリとモスクワとは実際的にはかなり距離があるも現実です。そして、観光VISAを取るにも時間がかかる日本とロシア共和国において、労働VISAを取るには、時間だけでなくより様々な事柄が必要でそれなりの時間も必要となります。
中止より続行する決断は、4月頭には誰にとっても難しい事でした。

しかし、今回コンサートにお越し下さった皆様は感じて下さったかと思いますが、そういった事をも超越した表現(表現は技術だと確信しますが)は、様々な困難を越える力があると思います。

人の営みは無くならないという事を感じた日々でもありました。

歴史は時に作られるものですが、文化は、“人の心には誰も命令できない”と私は確信します。

だからもどうしても、大震災で未だ行方不明の人がいる現実を受け入れる事もできません。


今回の来日公演では最後に、チャイコフスキー作曲のアンダンテ カンタービレを演奏しましたが、この作品はキエフ公国(ウクライナ)の小さな村の民謡をもとに作られた作品です。
決して魂は消えないしなくならない。
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2011-06-01 04:54



指揮者西本智実のオフィシャルブログ。ロシアーヨーロッパー北米ーアジアー南米ー中東の順に約30ヶ国でこの道の旅を続けている。趣味はドライブと温泉。和食や和工芸をこよなく愛している。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
未分類
最新の記事
ローマ法皇に有馬頼底氏が
at 2017-11-09 09:39
第16回 ヴァチカン国際音楽..
at 2017-11-08 12:21
ローマ法皇代理ミサ
at 2017-11-07 12:06
スタッフ ヴァチカンよりご案内
at 2017-11-05 17:41
ローマ法皇庁へ
at 2017-11-04 17:35
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
ライフログ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧