Top
<   2013年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧
教皇さまと握手
今日、奇跡的な事が起きたのです☆

日曜日の午前中は教皇さまのミサがサンピエトロ広場でおこなわれます。

教皇さまの人気は凄く、10万人以上の人々が世界から集まり、ヴァチカンの広場には入りきれないので、ずっと先の通りまで(国境越え)人々が参列していました。

私は国際音楽祭の財団よりミサがおこなわれる側の席を頂戴しており、朝から炎天下の中スタッフ達と座っておりました。

すると若い神父さまから声をかけて頂き、何と!ミサ最後に人々を代表して教皇さまと握手をする人に選ばれたのです(@゜▽゜@)

10万人以上の中から20名ほどが選ばれました。

私はあまりに突然の事でしたので現状把握困難。
それに服装があまりにラフすぎて、こんなシャツでも宜しいのでしょうか、、と質問するも良いとの回答。
また別の席に移動しました頃、突然広場から歓声があがりました。
ローマ教皇さまの登場です。
枢機卿の参列から教皇さまの登場は非常に神秘的で、感動的で涙が止まりませんでした。

そしてミサが終わり、選ばれた約20名が教皇さまの前に立ちます。

教皇さまの前に立ちますと、やさしく大きなオーラに溢れていました。
そして私の名前と国が司祭から告げられて ご挨拶をして握手させて頂きました。
そしてロザリオを頂戴しました(;o;)
a0155408_2231813.jpg

奇跡的な出来事だと思います。

教皇さまと握手した日本人、宗教関係以外の日本人としては私が初めてだそうです☆

私に代表権をくれたスタッフ達と再会し、教皇さまと握手させて頂いた手で皆と握手しました(^-^)!

本当に感動し奇跡でした。
心が目覚めます。
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2013-06-17 02:38
ヴァチカンより
ヴァチカン国際音楽祭の執行部と、“枢機卿による音楽ミサ”の打合せをしてきました。

『オラショ』の復元演奏、突然難航中です。
ヴァチカンの最たるサンピエトロで行われる厳格な枢機卿ミサに於いて、その歌詞が相応しいか一言一句チェックが入っています。

450年の月日も、聖地ヴァチカンにとっては時間軸が異なるかもしれません、、。
ここローマは紀元前の遺跡に溢れた地でもありますから。

でも、口伝のみの伝承だけで450年も“その歌”つまり【オラショ】が生き続けた事実、そこに生きた人々が遺したモノが存在する事は、奇跡的な事だと感動しています。


グノー作曲のミサ曲『聖チェチーリア』も、演奏箇所を指定されました。
“グローリアは相応しくない”とのこと。

それがなぜなのか、その後ずっと考えています。
何をしていてもずっとずっと。

a0155408_6502916.jpg

また、伺うところ
ヴァチカンの“信仰の年”と名付けられた今年は、通常ミサの最後にもってこない≪CREDO≫を最後にしたいと指示がありました。
“国境を越えた意味も含めて”とお話になりました。
そういった指示についても、やはりずっと考えています。

そして、
再びソリストの審査もありました。
スミジョーの素晴らしさはすぐ理解してくれました。今回の招聘状が来て真っ先にスミジョーに一緒に歌ってほしいと連絡したのですよ。

明日はテクニカルな打合せが続きます
ε=┏( ・_・)┛


●公式ホームページに情報は少しずつアップされています。

『ヴァチカン国際音楽祭ソリスト決定!』

コチラ
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2013-06-15 01:53
ご案内
ヴァチカン国際音楽祭ソリスト決定しました。

こちら
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2013-06-15 01:07
ローマでの打ち合わせ
ローマの中にヴァチカンがありますが、ヴァチカンにはホールはありません。

ローマで本番ならともかく、ヴァチカンで本番をするので提携するリハーサル場が無いのです(。_。)

国が違うのを改めて実感中(^^;。
a0155408_9355153.jpg


ローマ在住のスミ・ジョーとランチ(^o^)!


彼女は今晩からパリでしたがうまくタイミングが取れて短い時間でしたが色んな話をしながらホッとする時間でもありました。
a0155408_936910.jpg

[PR]
by tomomi-nishimoto | 2013-06-14 01:45
ローマより
東京よりも夏に近いローマです。

明日はいよいよヴァチカンへ行って参ります☆
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2013-06-13 08:05
Japan Meeting 2013
今日は朝から ダボス会議を開催している『World
Economic Forum』
の“Japan Meeting2013”に参加しています。

今は昼食。
昼食時もWorking Lunchなんですよ。
a0155408_14294216.jpg

[PR]
by tomomi-nishimoto | 2013-06-11 14:30
ルレ・エ・シャトー
ルレ・エ・シャトー2013 レセプションにお招き頂きました☆

そうそうたる顔ぶれです

フェラガモのオーナーご夫妻もイタリアから来日されました。
今年の11月にヴァチカン国際音楽祭に招かれた話をしたら、とても喜んで下さり、サンピエトロでの儀式
特に枢機卿の儀式は誰もが入れないし、しかも音楽ミサならぜひ行きたいとおっしゃって下さいました(^^)

トスカーナ地方のフェラガモファミリーのワイナリー、
IL BORROというホテルもあり今年からルレ・エ・シャトーのメンバーになり、アンバサダーとして来日した
サルヴァトーレ・フェラガモ夫妻。氏は三代目で孫。

そんな華やかなパーティーの中で何やら美しいオーラが近づいてきたと思ったら
黒田知永子さん(^o^)!

つい二日前に電話で話したけれど、ここで会えるとは(^-^)。
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2013-06-04 22:50
アクアライン
仕事で千葉県へ。

初めてアクアラインを利用しました。
a0155408_21382855.jpg


海の上を走り、景色がどこまでも広がっていくのが何とも言いようのない爽快感で、まるで船旅をしたような気分です(^-^)。


レクサスの重厚感は、アクアラインにピッタリでした!
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2013-06-02 21:40
八王子サロン
今日の八王子サロンは、
7月14日(日)いちょうホールに於いて、
歌手&オーケストラ&車人形&語り&八王子芸妓
で上演致します
『蝶々夫人』について話しました。

まず最初に車人形の西川古柳さんに演じて頂きました。
文楽同様、魂が入った物体は、指先に至るまで生きものそのもの(゚_゚)!
そこだけ空気が違うように感じます。
薪能があるように、薪で観てみたい。

今回、こういった手法で制作するにあたり、私から
演出家の池田理代子さんにリクエストした大きな軸は3つあります。

① 車人形で使用する所作台を 蝶々夫人の住む世界 と 主にピンカートンに代表される異国 との
≪結界≫にすること。

②車人形を使用するのは、日本人役
異国の人は歌手が演じること。

③私が思う、人形にしか出来ない表現の2つ(ケイトが登場する場面で蝶々さんがする表情、最期の場面で(秘))を演ること。

スズキの語りの部分は、女優の音無美紀子さんが演じて下さいます。
実に楽しみで、早くリハーサルがしたいです!
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2013-06-01 00:57



指揮者西本智実のオフィシャルブログ。ロシアーヨーロッパー北米ーアジアー南米ー中東の順に約30ヶ国でこの道の旅を続けている。趣味はドライブと温泉。和食や和工芸をこよなく愛している。
カテゴリ
全体
未分類
最新の記事
舞台制作
at 2017-06-27 22:32
星は輝いている
at 2017-06-23 23:39
音楽と科学の融合
at 2017-06-15 21:34
風を詠む音の旅
at 2017-06-05 23:47
舞台の準備
at 2017-06-03 20:36
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
ライフログ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧