Top
<   2014年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧
春の宵
『砂の器』コンサートの後、日本橋へ。

日本橋にはライオンだけでなく麒麟も居ました(^o^)
a0155408_2373814.jpg


夜の日本橋を歩きながら、以前見た古地図と写真を思い出し、帰宅してからその古地図を広げました。

伝統を浮き上がるような日本橋の開発がとても楽しみです。
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-03-31 23:10
スタッフより
明日は、
billboard Classics 西本智実指揮「宿命」 ~映画『砂の器』公開40周年記念~
指揮者 西本智実の音楽に捧げる願いが導く組曲「宿命」の世界
のコンサートですが、下記テレビ放映もありますので、コンサートにお越しいただける方は、ぜひ録画の準備をしてお越しください。

詳細はこちら→新たな扉~西本智実 東南アジアへの道
2014年3月30日(日)夕方5時00分~夕方5時30分
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-03-29 20:16
静かに季節は
a0155408_759531.jpg

いつの間にかビルの谷間に春が、、

見ようと思わないと見えない事がある。
聴こうと思わないと聴こえない事ばかりです。

明日はビルボードJAPA主催の日フィルとのコンサート。
松本清張『砂の器』が映画化されて40周年。
それを記念してのコンサート。

あまりに悲しい宿命を主題したテーマですが、松本清張の原作は映画ほど泣けなかったが、中学生になったばかりの私にとても重かった、、それ故に今もしっかりと刻まれている作品のひとつです。

映画では、原作から想像した作曲家の行間を、、
実に映画の半分の時間を音楽を使って想像する時間を民衆に与えた、、

映画を観た方がたくさん聴きに来て下さるでしょう、私もこの映画を観て涙したひとりの人間として40年ぶりに全曲再演する意味を感じたいと思っています。
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-03-29 07:08
イルミナートバレエ
つくづく人生の不思議を感じています。

イルミナートバレエは
【ロメオとジュリエッタ】を皮切りに、
まるで春に芽吹くエネルギーを貯めて、
今年ようやく グランドバレエをお披露目する事となりました。

クラシックバレエの金字塔【白鳥の湖】を現在創っています。

不思議な事の1つ目、、、私が3歳の頃、ピアノを習い始めたのと同時にバレエ学校に入りました。

そこで出会った幼なじみの友達が、やがて新国立劇場のプリマやソリストととして、今や日本を代表するバレエダンサーとなっている事。

不思議2つ目、、
イルミナートバレエダンサーの大半がロシア国立ワガノワバレエ学校出身。
私がサンクトペテルブルク音楽院に留学した1年目は、音楽院の寮に住まず(2年目からは音楽院の寮に住んでました)
国立ワガノワバレエ学校の寮に住んで居ました。

その寮で一緒に苦楽を共にした、兄弟のような友達が、やがて立派にロシアの劇場やヨーロッパの劇場等でバレエダンサーになり、
また、日本の新国立劇場でもプリマやプリモといったエトワールとして活躍しました。
その姿に何とも言葉では表現出来ない程のインスピレーションを得たり、励みをたくさん受けてきました。
(因みに、もう約20年近く前になる留学時代は、今のようにパソコンもなければ携帯電話は当然なく、しかもペレストロイカの混乱が続く当時私達が住んでいたロシアは、個人の電話もFAXも無く
あの当時、ペテルブルクに住んだ私達は大黒屋光太夫と浦島太郎の気持ちを代弁できるかのようなメンバーが揃っている!)

3つ目の不思議は、彼らがその世界でトップになり独立したりしてゆく中で、仕事で再会出来た事。

バレエダンサーは一見、花のように美しい部分が目に映ります。
しかし、自身の肉体の鍛練を続けられる精神と、
その道を歩く事を許された、ごく僅か選ばれた人達の大変厳しい世界です。
特に、神様から与えられた肉体を打ち出し表現する
ロシアンバレエはその極みです。
花が花として咲くには、時間の観念は平等では無いと私は考えます。


王子は白鳥と黒鳥を間違えて選んだわけではありません。

白鳥と王子の世界が正義で、黒鳥とロットバルトの世界が悪、といった単純な物語でもありません。

二元論の間の苦しみや、
それらを超えようとする理想と現実が
【白鳥の湖】にはあります。
実際、舞踊伴奏でないチャイコフスキーの芸術音楽がこれらの世界を表現しています。
バレエと音楽を有機的に結びつける事ができる、
最高のメンバーと舞台を創れる不思議をひしひしと感じています。

上演は
8月16日と17日です。
ぜひ観て頂きたいです。
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-03-26 02:22
ありがとうございました
オリンパスホール八王子が生まれました時に
3年の任期でエグゼクティブプロデューサーとしてお招き頂きまして、
この3月で任期満了、今日の公演が最終公演となりました。

八王子祭りのお囃子の皆さんとオーケストラの共演では日本の楽器と西洋の楽器の共通と融合を感じて頂ければと、新作を作りました。北上市の鬼剣舞に続くシリーズです。
そして、市民の皆さんを中心にした特別合唱団と共に第九。

カーテンコールでサプライズセレモニー!!

a0155408_0403662.jpg


全く知らされていなかったので、ビックリで暫くボーぜん(ToT)

市長はじめ、これまでご一緒に舞台を創って下さいました方々からお花を頂戴し、、その方々との記憶のシーンが走馬灯のように甦りました(ToT)

その時、オーケストラメンバー達もサプライズで演奏してくれて、、みんなありがとう(ToT)。
いつリハーサルしたのか後で聞いたら、私がホールを出た後「今、楽屋出た」とか「エレベーターに乗ったからもう大丈夫」とか連絡しあっていたようで、またセレモニーの打合せなんかは、私が舞台で指揮している時、舞台袖の廊下でヒソヒソと、兎に角私が気付かないようやって下さっていたようです(ToT)。。

オーケストラのメンバー達が、オリンパスホールでリハーサルをした後、近くのレストランに行った時、楽団員が「明日、オペラの公演で演奏します。」と話すと、お店のオーナーがワインボトルをその場でふるまって下さったと、、、
翌日の本番前に、嬉しそうに私に報告してくれて(ToT)
街の方々に愛されるホールになる事も目指していましたので、、話しを聞きながら胸いっぱいになりました(ToT)
オーケストラリハーサルをしている時も、市民の方がオケに差し入れして下さったり(ToT)

思いおこせばこの3年間のプロジェクトが実現できましたのは、関係者及びスタッフの皆さんのお力と、心から応援して下さった方たちのお力があったからです(ToT)

八王子の皆様、日本中からこのプロジェクトを応援して下さいました皆様、
そして、一緒に舞台を創って下さいました皆様、
3年間、本当にありがとうございました(ToT)!

a0155408_0411466.jpg


終演後、八王子芸妓衆の皆さんからサプライズの舞いと歌のプレゼント(ToT)

ただただ感謝の気持ちでいっぱいです(ToT)
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-03-24 00:46
ダボス会議2014
スイスに本部があります
【世界経済フォーラム】 通称 【ダボス会議】の模様がNHKーBS1で放映中です。

ダボス会議は私も参加してきましたが、公に開かれている会議から、非公開の円卓会議や更に少人数による専門的な会議まであり非常に有意義な場所です。

今日の放映はマスコミに公開されている部分と、日本が主導した一つのパネルディスカッションで内容も限られてるとはいえ、大変貴重な放映だと思いますのでご覧になりなる事をお薦めします。

録画ボタンを押して、これからオリンパスホールへ向かいます(^^)!
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-03-22 10:10
春一番
今朝は風の音で目覚めました。

夜は、以前から行ってみたいなと思っていた
《福田屋》さんに初めてお招き頂きました。
18時を告げる置き時計の音が、ちょっとハープシコードに似た音でした。

春風が突然吹いたから思い出したのが、
私が留学したペテルブルクでは、4月の春が訪れる少し前に、軍人学校の10代の若い人たちが、公園や街路樹の、冬の間固い雪でカチカチに固まった土を耕す事で、空気を送り込んでいた姿です。
そして、その作業の1週間後には、黒い土から小さな緑が一斉に芽吹き出した事に感動したのを、より思い出しました。

突然の一斉さがあまりにエネルギッシュで、ある朝目覚めると、目に映る景色が春になっていたのでした。

だから今晩は、車で皇居を半周しながら、東京では耕さずして春がいつの間にか訪れるのがある意味凄い事なんだな、とも考えました。
春一番があまりに暖かく感じたからか、いつもよりイギリス大使館横の北白川の像が侘しく見えた春の宵。
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-03-19 02:28
横丁
この季節、横丁といえば
“さくら横丁”

でも今晩は
“法善寺横丁”に来ています。

a0155408_22301192.jpg


久々の法善寺さんは、お参りする人でいっぱいでした(^^)

ここの景色は変わりません。
水かけ不動さんに、ひしゃくのお水を頭上高く思いっきり放ち、水のほとんどが自分にかかった記憶が甦りました(^^;

19歳、朧月夜の思い出☆
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-03-14 22:31
久々に
久々に真新しい五線紙にオーケストレーション。

a0155408_1649626.jpg

この五線紙は32段です。
私の場合は、ここに書く前に、まずピアノ譜程度の段数でスケッチを書きます。その後にオーケストラの楽譜を書いていきます。
モーツァルトはいきなり清書で書きます☆☆☆
これは偉大な作曲家達の中でも稀です。
(ピアノ曲ではよくあります)
感性だけでは大編成や長い曲は書けないので、理論は必須です。

作曲についての質問のお手紙をたくさん頂いておりますが、
私の定義は、
『二次元の楽譜を読み取り三次元に演奏表現できるのが演奏家で、
三次元や四次元の世界を二次元の楽譜に表現出来るのが作曲家です。』

オーケストレーションが出来るようになりたい人は、和声・対位法は必須!
最初は小編成の短い曲で始めて下さいね(^-^)!


デスクワークの気分転換に、お買い物を兼ねて少し遠回りしてドライブしてきました。
今日の都内は暖かく、すっかり季節が変わっていました。
とても気持ちいい気温なのに頭ガンガン、目が痒く涙ポロポロ、、花粉たちがキテる(-_-;)

ネッツトヨタ名古屋からレンタル中のレクサスLSは、空気清浄機が付いているので、車の中では花粉症は治まりとても快適です。
アロマ増量、お風呂も何度も入って乗り切り中です (^-^;
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-03-12 16:54
お雛様
a0155408_1142644.jpg

実に美しいですね。
精緻です。

今日は東京タワーふもと芝のうかい亭で会食でした。
このお雛様はうかい亭のお雛様。

今、お家に戻ったら
お雛様が迎えてくれました(^-^)

a0155408_1145545.jpg


昨日から桃の花が咲いているのを見つける事ができました。
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-03-03 23:10



指揮者西本智実のオフィシャルブログ。ロシアーヨーロッパー北米ーアジアー南米ー中東の順に約30ヶ国でこの道の旅を続けている。趣味はドライブと温泉。和食や和工芸をこよなく愛している。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
未分類
最新の記事
第25回イルミナート教育プロ..
at 2017-12-10 22:36
紅葉
at 2017-12-03 23:46
ローマ法皇に有馬頼底氏が
at 2017-11-09 09:39
第16回 ヴァチカン国際音楽..
at 2017-11-08 12:21
ローマ法皇代理ミサ
at 2017-11-07 12:06
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
ライフログ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧