Top
<   2014年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧
国立クラウディオサントロ劇場交響楽団
国立クラウディオサントロ劇場交響楽団との定期演奏会が終わりました。
本拠地の劇場が改修工事の為、センターから少し離れたホールでのコンサートでした。
ブラジリアの歴史的イヴェントを開催してきたホールのようですが、オーケストラには響きが吸われてしまうホールで(ステージ床は絨毯('~`;))でもオーケストラとのやり取りはとても熱のあるもので、カーテンコールでは客席全員スタンディングはみんなにとって、とても嬉しく励みになりました。

さて、時間を遡りまして仮眠の後から本番までの話。
一番深い眠りの時に目覚ましが鳴り続けグダグダ起きる。やはり日本時間感覚で、身体も気分も早朝な感じです。 シャワーをしてストレッチをして徐々に身体と頭のスイッチを入れていきます。
今回のホールの楽屋、ちょっと苦手なのでなるべくギリギリに楽屋入りしようと、1時間前にホールに到着。楽屋口が無いので、ホールの客席を横切るのですが既にお客さんたちがパラパラ座っていらした( ̄▽ ̄;)その間を抜けステージを横切って楽屋へ、、、
本番前はやはり神経も細かくなっているので臭覚も敏感になってますから、、今回の楽屋は苦手楽屋第2位に位置ずけられました( -_-)
が、オーケストラといい仕事が出来たので
今となってはその楽屋もいい思い出になりました(^^;

ブラジルは大きな国ですから、また来る機会があればリオデジャネイロや雄大な大自然に触れてみたいです。そして、アルゼンチンに渡り、ブエノスアイレスに行ってみたいです(@゚▽゚@)そんな事を考えながら、、
a0155408_12273187.jpg


ビール一杯で睡魔が(=_=)
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-04-30 12:24
ブラジリアの長い1日
ようやく今晩、本番です。
本番当日に本番と同じようにするリハーサルを
“ゲネラール プローべ(以下ゲネプロと省略)”と言いますが、ヨーロッパ、ロシア、アメリカ、アジアのほとんどのオーケストラは夜に本番がある時は午前中にゲネプロをします。
私が知る限り、日本だけ特殊で合理的に本番の一時間半前にはゲネプロが終わるよう逆算したスタート時間から始めます。

だから、今日は10時からゲネプロをしてきました。本番は20時開演です。

私は時差ボケのままで、会食無い日はその頃スヤスヤ眠っている時間です(^_^;)
だから今日はしっかりランチを食べて、仮眠をしてから本番に備える事にしました(^_-)!
『NewKOTO』
という日本料理レストランに行ってきました。
スタッフたちと行きましたのであれこれ注文しましたが、どれも美味しかったです(o^o^o)

長い1日なので、
しばしの間お休みなさい
(__)..zzZZ
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-04-30 03:25
星空☆☆彡
時差ボケも半ば強引に解消中(^_^;)
今晩は大使館での午餐会にお招き頂きました。

大使館のお庭にはバナナが沢山実っているとの事^o^私が見た湖畔の豪邸のお庭には、バナナ、パパイヤ、アボカド他が沢山実っているようです(^o^)

今朝、湖畔を散歩していた時、 木々から一斉に鳥が鳴いたと思ってよく見たら何と数えきれないインコ達!
インコが保護色だと納得する位、木々と同じ色で最初はわかりにくかったのですが、野生のインコを初めて見たのでビックリ!
次に目をやった先に居たのがマーラー?か、カピバラ?10匹!
無表情の横顔がかなり可愛い(´Д`)
近づいても決して慌てる様子なく、でも一匹ずつ湖へドボンと落ちていき(身体もそのままでゆっくり無表情のままなので、飛び込むという表現は合わない、)団体でゆっくり逃げて行きましたが、かなり可愛い(´Д`)
彼らの視界に私が入ってるのは感じますが、決して目が合わないのと、無表情なんだけどかわいい横顔に安らぎを覚えました(´Д`)

人工的な街ですが、野生のインコや野生のカピバラかマーラーを見た事がなかった私が一番人工的だなとも思ったりもしました。

南半球の星空も美しい☆彡
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-04-28 10:38
ブラジリア
ブラジリアの全容がようやくわかりました。

私の仕事場は、官公庁が集まっている場所で、そこが特にモダンアートな建物ばかりで1950年代に造られたようですが、ここだけ見ていると、宇宙人が歩いていてもおかしくない未来都市です。

タクシーに乗っていると(広すぎて隣の建物が遠い)、ようやく小さな一角に気軽なレストランやスーパーがあったり、ショッピングモールもあったので少しホッとしました。

病院関係はこの地区、ホテルはこの地区、というような区分でビル郡が建てられており、
ロータリークラブは基地のような広い敷地にあります。
私が滞在しているホテルの対岸には、豪邸が程よい感覚で建っていて、それらのあまりの豪華さに目を奪われます!

ホテルの隣は大統領官邸です。(隣といってもとても遠い(@_@;))
ロビーから見える湖もきれいです。
a0155408_1301462.jpg


華麗なるギャッツビーの邸宅みたいです。
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-04-27 13:00
ブラジル国立響
ブラジルは南米ですが、英語はほとんど通じません。南米という呼び方が不自然に感じるほどです。

ブラジルはポルトガル語を話しますから、オーケストラリハーサルでは数字さえ覚えたらあとは音楽用語に随分助けられています(~o~)
a0155408_8285277.jpg


今回のブラジル国立響からのお招きは、遡る事2007年付近にヨーロッパで指揮した時に繋がります。
当時は、ヨーロッパのオケや劇場を経てイギリスを目指していました。そして、40歳までにイギリスを経てアメリカに渡るというルートを道標に自分に課していました。
インターナショナルなものよりも、民族的な特質を強く残すオケや劇場で指揮してきたのは、私は音楽を言語として捉える考えを強く持っているという事と、歴史好きなので私なりの“特選歴史ルート(^.^)”で歩いていきたかったからです。
それにしてもヨーロッパでの公演を見た方たちが私をブラジルに呼ぶよう数年も前から繋げて下さっていたと思うと感動です。
もちろんこれまでの道はそのように見ず知らずの方を含む誰かがいつもチャンスを与えて下さっていたという事です。
大陸や海を越えた時ジワジワ感じます。
うまく言えないけど、、何か凄くヨーロッパ的な繋がりを感じています。

今回のブラジル国立響との公演は、約2年前からほぼ決まっていましたが、VISA取得の書類はアメリカに匹敵する程書類が多く必要だったのに、かなりのんびり。
リハーサル開始5分前にはまだ楽団員は数人、2分前で半分、30秒前に全員揃った(゚_゚)
南半球の流儀、キリキリせず色々と楽しむ事にしてます(^_^;)
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-04-26 08:31
その後 グッタリ
ようやく到着したホテルで荷ほどき。
今回はオーケストラがリハーサル会場に近いホテルを予約してくれていたのですが、 バスタブが無い( ̄ロ ̄;)
部屋は広く快適ですが、どこを探しても無い。
フロントに連絡し、そのホテルの親ホテルが隣接しているのでそこへ変更する事にした。

部屋はより広く、簡単なキッチン付き。
バスタブにはジャグジーまで付いていて、これでようやく休めるとバスタブにお湯を入れる。
しばらくしてもお湯にならず、何度も繰り返したがお湯が出ない(ToT)
フロントに電話したらバスタブのある部屋はここしかなく、“明日以降にお湯が出るように用意します”の言葉にめまいが(;-_-+
シャワーも水に近い温度(`∀´#)

もう体力の限界だけど、このままでは疲れも取れず明日まで引きずりそうなので、こうなったらリハーサル場から遠くなっても、ホテルを変える事にした。
ちょうど大使館からお電話を頂いたので、その時にホテル情報を教えて頂いた。結局、パラノア湖畔にあるラグジュアリーホテルにチェンジ☆
それでも数室のみしかバスタブが付いていないらしい(-ロ-;)
北半球の旅生活が多かったので、こういうのは初めてです。
ようやくお風呂にも入れたので眠れます(∋_∈)

この街、緑はとても多いのですが、まるで万博パビリオンの中にいるようです。
思考能力低下、おやすみなさい(__)..zzZZ
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-04-25 07:10
ブラジル到着
日本から遠すぎる(-ロ-;)

今まで30ヵ国以上旅してきましたが、目的地到着まで一番長くかかった今回。
アトランタでのトランジットが長く、アメリカ的冷房ガンガンの中7時間待つのはキツかった(>_<)

ワールドカップやオリンピック、これからブラジルに行かれる方、特にアメリカを経由される方はガンガン冷房対策をどうぞお忘れなく!

さて、ブラジルといえばリオのカーニバル始め血沸き肉踊るような活気ある街を想像していましたが、
今回私が指揮者として招かれましたのは首都ブラジリア。
ブラジリアは人工的に作られた街で、土地がとっても広いので斬新なデザインの建物(国会議事堂や教会もモダン)がかなりの間隔を置いて建てられています。それに全く観光地ではなく、ちょっとコンクリートの無機質を感じてしまっています。
まずはリハーサルに備え、体調を整えます。
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-04-24 22:13
皆様!ありがとうございます (^-^)!
誕生日、たくさんのお祝いやメッセージを頂戴し本当にありがとうございます!
明日、ブラジルへ出発します。
今回ブラジルへはアメリカを経由して行きますが、アメリカまで12時間、トランジットが6時間もあり、そこから9時間半かけてブラジリアへ。( ̄ロ ̄;)

明日からの旅の用意がまだ出来てませんので(-_-;)、旅の途中からこの続きを書きます(^o^;)
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-04-22 01:31
スマスマ指揮者Inサントリーホール
4月7日放送『SMAP×SMAP』春のスペシャルに イルミナートフィルと出演させて頂きました。
バックステージエピソードを少しご紹介したいと思います(^-^)!

サントリーホールでの収録が始まってまず最初に私が指揮し、皆さんが居るモニタールームにステージから直行しました。
指揮しながら汗をかきますが、曲によっては演奏終えた後もしばらく汗が出続けます。
そんな状態の中、カメラは回っていましたが、中居さんが気遣って下さりSMAPのメイクさんに私の汗を拭くようにとか、水が飲めるように用意してくれたりと、とても細やかな心配りをして下さいました。

指揮者は曲間に舞台上で汗を拭いたりもしますが、実はあれは演奏者や、客席にひと息つかせる為であり、自分の為への行為ではありません。だから汗ダラになる事に対してあまり気に留めていなかったのですが、TVですものね^_^;
ちなみにコンサート収録の場合は汗ダラのままです(゚_゚)。
とにかく中居さんの優しい心配りに感激しました。

一番最初に指揮した稲垣さん。 舞台袖にあるはずの指揮棒が無かったようでスタッフたちもギリギリまでバタバタしたようでしたが、そんな事を微塵も感じさせなかった舞台に立った時のあの品格!
こんな格好いい指揮者がいたらいいなぁ、、と本気で思いました。それに前回からの成長率は凄かった!
今回は木村さんと稲垣さんの大接戦だったんです(涙)イルミナートフィルには稲垣さんファンが沢山いるのですが今回で更に増えた模様(^m^)

香取さんは絶対的リズム感をお持ちで、とにかく身体能力が高い。
場の雰囲気をいつも楽しく柔らかくして下さる方で皆が笑顔になります。
察するに連日生特番テレビで指揮エネルギー不足だったかもしれません(^^;が、身体能力でやれてしまうのが凄いですね。軸が決してぶれないポジションは天性のものです。


中居さんは最初に書いた以外にも、やはりいつも細やかなお気遣いを頂きました。『美しき青きドナウ』聴いているだけではわからないけれど、この曲を指揮するのは意外と難しいのですよ。
感の鋭さと素晴らしいエンターティナー、自然で細やかな心配り、強引でないリーダーシップさすがです。

草剪さんは、草剪さんが部屋に入ってきた瞬間からみんなが癒されてしまう魅力をお持ちの方!
それに凄く繊細な方とお見受けしました。
モルダウの美しいメロディーがお好きなようで、それ故に指揮してコントロールするのではなく、メロディーに寄り添っていましたのもそういった優しさがそうさせたのだと思います(^^)。

木村さんは、スタジオリハーサルで私が指揮したのを一度聴いただけで、すぐに曲の構造を把握しました。それには本当に驚きました!
瞬時に全体の役割を見渡せる才能もあり、そこから更にベストを尽くす努力をされる方。
サントリーホールで私がオーケストラリハーサルをしている時も見学されていましたし、木村さんの楽屋を訪ねた時もずっとリハーサル時のビデオを見ておられましたしetc.
前回、最優秀賞でしたから難易度の高い選曲をしましたが、やはり構築力やバランス力が優れていて音楽的才能があります。
お見事でした!

2度も間近でご一緒させて頂きましたから、なぜSMAPがスーパースターグループであり続けているのか、理由がよくわかりました。 理由→各自が大変魅力的×5人(@゚▽゚@)

色んなシーンでその魅力に触れる事ができ、また人気番組を作ってるスタッフの皆さんとご一緒させて頂きまして、イルミナートフィルにも、私にも、とても有意義なコラボレーションでした。
本当にありがとうございましたm(__)m
初の試みをお受け下さいましたサントリーホールさんにも心から感謝申し上げますm(__)m
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-04-14 21:57
東京→大阪→東京
今日は日帰りで大阪出張。新幹線からいろんな桜を見ることができました。
今日は陽光も暖かく、山あい、田畑や川の景色に春をとても感じました。

春の心地良さもあり、スタッフと東京駅で合流し、日本橋の鰻『大江戸』に行ってきました。
私の自宅玄関には‘広重’の描いた京橋方面の浮世絵を掛けて眺めていますが、今日のお店ではまた違った生き生きとした‘広重’の江戸っ子たちの姿が見られて、凄くうれしく楽しかった(^-^)v
これも美しい自然が感化してくれたように思います。
季節が変わったので掛けている絵を全部かえてみようかな。
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-04-09 02:33



指揮者西本智実のオフィシャルブログ。ロシアーヨーロッパー北米ーアジアー南米ー中東の順に約30ヶ国でこの道の旅を続けている。趣味はドライブと温泉。和食や和工芸をこよなく愛している。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
全体
未分類
最新の記事
スタッフより
at 2017-10-14 20:10
スタッフより
at 2017-10-14 20:04
スタッフより
at 2017-10-14 11:00
スタッフより
at 2017-10-04 19:58
スタッフより
at 2017-10-04 16:16
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
ライフログ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧