Top
<   2014年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ケネディ大使
今晩は、ケネディ大使よりお招き頂き アメリカ大使館公邸でのDinnerに参加してきました。

10人程の着席dinnerでしたが、ケネディ大使が大変柔らかい空気の中で、おもてなしして下さいましたので、ずいぶんリラックスして同席の皆さんともお話しする事が出来ました。

a0155408_22364173.jpg

ケネディ大使より頂戴しましたご本人著作の本とDVD。
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-05-28 22:38
お手紙の質問より
今月、現役音大生の方たちや音大を卒業したばかりの方たち、また現在高校の音楽科の方たちより留学について同じような質問が何通もありました。
その方たちからの質問は主に必要な資格や得られる資格についてでしたので、私の場合をお伝えしますね。
皆さんの、今秋か来秋の留学の参考になれば嬉しいです(^^)!


・私が留学したのは ロシア国立サンクトペテルブルク音楽院です。
音楽院はコンセルヴァトワール(仏)や コンセルヴァトーリヤ(露)と言います。つまり高等音楽院です。
・だから、ガレッジやユニヴァーシティとちょっと仕組みが異なります。

・音楽院は目的別にコースがあり選べます。
(パリ音楽院やモスクワ音楽院も同じ仕組みです。)
例えば、博士号を取りたい人はドクターコースに入る、といった具合です。
(先日行きましたベトナムのホーチミンにも音楽院がありましたがまだコースの種類は少ないようです。各音楽院によってコースは多少異なりますからよく調べて下さい。)

・日本から留学するほとんどの人は音楽大学を卒業していますから、
“音楽学士”か“芸術学士”といった学位を持って音楽院に入る人が多いですが、音楽院に入るのに学位の有無は全く重要ではありません。
ドクターコースは別として音楽院ではとにかく実技が全てです。
音楽院は高等音楽院ですから17歳位から入学可能です。 プロコフィエフは13歳でペテルブルク音楽院に入学しています。
だから、日本の高等学校を卒業して音楽院に留学するのももちろん可能です。
音楽院でなく、海外の音楽大学に留学するのももちろん可能です。

・私が留学した時は、音楽院に入ると5年は出入り自由に出来たので
まず1年間は通年で留学し、2年目は3ヶ月帰国し
その間オペラの副指揮者等をして再び音楽院へ戻るといった留学方法を取りました。
私の場合経済的にしんどかったのでこのような方法を取りましたが、アパートや車を購入する裕福な留学生も居ますのでこの辺りは人によって本当に様々です。

・音楽院で博士号取るには論文が必要ですからその国の語学力も相当必要です。今から語学を勉強するようなら、日本での方が早く取得できるのではないでしょうか。

・音楽院は 日本の音大のように体育とかはありません(^_^;)。
音楽院は専門に特化した高等音楽院です(^_^;)!

・各コースごとに、修了証書を得ます。
私の修了証書は英語とロシア語で書いてあります。

・私は週2回、ピアノ2台による指揮実践のレッスンを受け、
金曜日の午前中にオーケストラを指揮する実技が毎週。
留学して1ヶ月間は2台のピアノだけで、2カ月目でようやくオーケストラを20分指揮することができました。時間配分は指揮科の先生たちが決めますから指揮科の選抜でオーケストラを指揮できる人が決まり時間も公平ではなく選抜です。
初めてオーケストラを指揮したあと、再びピアノ2台でコレペティに1からシゴかれ(;o;)徐々にオーケストラを指揮する時間が増えていきました。
留学も最後の方になると
オーケストラを指揮する時間は最長の1時間半の時間を与えてもらいました。
色んな人が見に来てくれてずいぶん鍛えられましたm(__)m
その頃のビデオやテープも残っていますが赤面です(>_<)
無我夢中の日々でした。

ぜひ直感を磨いて
頑張ってる人に頑張ってと言うの重いので、とにかく新しい挑戦をする皆さんを応援してます!!
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-05-24 23:04
来年、高野山開創1200年
来年は高野山開創1200年です。
その記念大法会が4月2日~5月21日の50日の間に行われます。
その中で光栄にも指揮させて頂くことになり、一年前の同じ時期の今日、高野山に行って打合せをして参りました。
配置気温や湿度、
来年のこの期間のみ、
“伽藍金堂”で御本尊が初めてご開帳となり、次ご開帳になるのは数百年後か千年後か、、誰も見たことのない秘仏“本尊薬師如来”の前で奉納演奏させて頂くことになりました。

林間学校で高野山へ行ったのが約30年前(^_^;)
今日は奥の院も御参りに行きましたが、遠い記憶にあった空気感が変わらずそこにありました。


高野山でオーケストラが奏でられるのは初めてだそうです。
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-05-13 23:16
NHKラジオ
久々にマリさんとご一緒でした(^-^)

NHKラジオ
『夏木マリ、丈夫も芸のうち』収録。
a0155408_2264274.jpg


古い携帯ゆえピンボケすぎでスミマセン( ̄▽ ̄;)
雰囲気だけ(^^;


昨日からイルミナートで制作する幾つかの舞台の打合せが一気に始まりました。
それは自分だけの頭にあったものを、各セクションのスタッフたちに初めて発表する場でもあります。

制作過程はイルミナートのホームページでもご報告致します(^^)v
イルミナート公式HP
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-05-08 22:12
ダッシング(;゜0゜)
帰国し早々、北海道に出張にきました
ε=┏( ・_・)
ブラジリア→アトランタ→成田の旅は、4月30日にブラジルを出発して5月2日の夜に到着する長旅でした(゚_゚)
帰国した成田では、迎えて下さる方たちもいて、フラフラな私でしたがありがとうございました。(._.)

その時、私に本名を書いた手紙を渡すのは迷惑か聞かれましたが、私はそんな事一ミリも迷惑に思った事はありませんし、むしろ本名を名乗って自分の気持ちを表現する人は私の感性に近いと思い、ダイレクトな感覚でその内容を受けとめています。 きっと前に書いたブログが言葉足らずだったんだと思いますが、ダイレクトに手紙やプレゼントを手渡して下さる方はどこの国でも全員本名をいつも名乗られます。
向き合った上でだからこそ握手とかできるわけですものね(^-^)!

さてさて、今回成田に到着した時のこと、、
到着5分前から喉が痛みだし、くしゃみとかの症状に襲われました(;o;)
花粉症?PM2.5?
ブラジリアは人工首都ですが空気は世界で一番きれいな首都と聞きました。
だからか東京に、成田に到着した瞬間から空気汚染がひどすぎる事をまさに“ダイレクトに”感じました!

そして数時間後に札幌に出張に出ましたが、喉の痛みやくしゃみは治まりました、恐ろしい(;゜Д゜)

数年前にダボス会議で北京に行った時、北京の街の100メートル先が見えなかったのを思い出しました。でもここまで喉が痛いとか涙ポロポロやくしゃみの症状は出ませんでした(`´)

日本の美しいこの時期が、この先未来ずっとこんなのが続くのでしょうか(`´)
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-05-04 12:48
リアルファン
カーネギーホールでアメリカンシンフォニーオーケストラを指揮した時、
その直前にやってきたロサンゼルス公演とオレンジカウンティ公演に来られた(知る人でない)方達から
【あなたの新しいファン】という送り主名で、
またニューヨーク在住の
【ニューヨークで待っていたファン】という送り主名で、広い楽屋を埋め尽くすほどの花束を届けて頂いた事がありました(;o;)
楽屋の壁に掲げられたバーンスタインの写真と共に、その光景は今も焼き付いています(T_T)

ビックリしたのは、皆さん一様に自分の名前を出さずそのような送り主名のカードが付いていた事です。

今回のブラジリア公演でもホテルにお花が届き、公演ではアメリカから、ブラジル各地から来て下さった方もいました(;o;)

頂いた手紙には
【ブラジルに来るのを待っていた】というもので、
やはりほとんどの人は名前ではなく【ブラジルのファン】というような送り主名でした。
知る人の居なかった国の方々に、このようなお心を頂き本当にうれしく光栄に思います(T_T)
私も直接知る人でない方にお花を差し上げる時、このようにするかも、、等思いながら昨夜は眠りにつきました。
そういえばヨーロッパの場合は楽屋や楽屋口入った所で直接手渡して下さる場合が多いですね。詩のような言葉と共に(^-^)。



ブラジリアに到着した時、これまでヨーロッパやアメリカでは思わなかったような、
“ずいぶん遠くまで来たな、、”という思いも沸き上がりました。
でも本番が終わるまでは、そういった感情をあまり持たないでおきたいので心の箱にしまっておきました。

ちなみに、
ヴァチカンに招かれた時は“ようやくここに来ました”という思いでした。
やはり本番が終わるまでそれは心の箱にしまっておきました。

☆彡
今はアトランタでトランジット中です。
8時間待ち(∋_∈)..zzZZ
ヨーロッパを軸にアメリカ大陸を経て日本を改めて眺めてみると、
東の果てにあるおとぎの島国に思えてきました。
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-05-02 02:25



指揮者西本智実のオフィシャルブログ。ロシアーヨーロッパー北米ーアジアー南米ー中東の順に約30ヶ国でこの道の旅を続けている。趣味はドライブと温泉。和食や和工芸をこよなく愛している。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
未分類
最新の記事
新緑が美しすぎます
at 2017-04-20 12:03
ロミオとジュリエット
at 2017-04-09 12:45
ミステリアスジャパン放送時間..
at 2017-04-01 23:11
門出
at 2017-04-01 14:10
開放感
at 2017-03-24 17:56
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
ライフログ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧