Top
<   2014年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧
紅葉
関西にいます。

a0155408_2043121.jpg


美しい秋色
山の匂い
川のせせらぎ

a0155408_20432051.jpg


落ち葉も絨毯
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-11-27 20:43
帯広
北海道で一番食べものが美味しいと、北海道の方が口をそろえておっしゃいます帯広。

確かに美味しかった(^-^)v
それにしても
十勝平野の美しいこと! 広大な大地の温かいエネルギーからか、
そんな美しい景色を見ると、身体の疲れがとれてきてます。

空港に早く到着したので
名物の豚丼を注文(^-^)v
a0155408_1373086.jpg


美味しかった\(^o^)/
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-11-21 13:08
札幌→帯広
昨夜の札幌公演も客席の集中力が凄かった☆彡

キタラホールは360℃ ステージが客席に囲まれていますので、多くのエネルギーがステージに集まります。
終演後はバタンキューでした(^-^;

今は、
スーパーおおぞら5号に乗って帯広へ向かっています。
車内アナウンスでは
『エゾシカが多く出る場所を通過しますから急停車する場合があります・・』と流れました。
かわいすぎる(@゚▽゚@)

車窓からは
白樺の林、針葉樹の山が見える、、、
雪がないから、白樺の白がとても映えます。

ちょっと眠ります(-.-)zzZ
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-11-20 15:01
函館より
『カルミナ ブラーナ』 翌日からロイヤルチェンバーオーケストラのリハーサルが始まり、昨夜函館公演がありました。
2日前まで
『カルミナ』の映像光の影響か、めまいがしばらく続いていましたがようやく治ってきました(-_-;)
やっぱり本番中は尋常でない神経が働くようです。
函館には来た事がありますが、コンサートは今回が初めてでした(^-^)v

客席からの集中力が凄かった!
それがカーテンコール時のスタンディングやピーピー(口笛)は初めて来た土地とは思えない、なんとも愛情のある空気に会場中が包まれて、とてもうれしく光栄でした。
函館の皆様、ありがとうございました!

終演後は、
函館出身のヴァイオリン
景澤恵子さん(イルミナートフィルメンバーでもあります)の主催で『いわや』さんに行ってきました。

a0155408_9535326.jpg


全てが美味しすぎて、最後は記憶が(゚_゚)。


今回は、『砂の器“宿命”』主催ビルボードジャパンでお世話になったスタッフのご実家の宿【花びし】さんに宿泊しています。

温泉もあり、とてもいいお宿です(^o^)/

次回は旅行でゆっくり来たいです。

これから札幌に移動します(^-^)v
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-11-19 09:54
イルミナートフィル定期演奏会~その②
文化村と一緒に制作するにあたりイルミナートの劇場的要素を第1回目の定期演奏会では全面に出したいという事で、
『カルミナ ブラーナ』では、コンセプトデザイナー大野一興さんによる映像も出していきます。
時々、日本語に訳出来ない部分も映像ニュアンスで表現できたらと。
そしてこの映像の中にはイルミナートバレエの2人のダンサーも出演しています。

ちなみに、この作品の副題は
“楽器群と魔術的な場面を伴って歌われる、独唱と合唱の為の世俗的歌曲”です。
楽しんで頂けましたらとスタッフ一同 最終調整に入っております。
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-11-11 19:39
イルミナートフィル定期演奏会~その①
今週14日にあります
オーチャードホール
イルミナートフィル定期演奏会の内容について少しご紹介いたします。

1曲目は8分弱の短い曲
『天の岩戸伝説~ヘブライからの風』を演奏します。
天の岩戸の前で
“ひ~ふ~み~よ~・・・ここのつ とお”と言いながら踊った、という伝説を
知り、日本語でないのでは?と思ったのが今から8年程前の事。
それからヘブライ語について色々勉強しました。

古事記で歌われる歌
『八雲たつ 出雲八重垣~』も、現代語に訳しても今ひとつ意味がすっきりせず、これも日本語ではないのでは?と思いました。
そして、やはりヘブライ語に繋がりました。

『天の岩戸伝説』は
その言葉比較の曲です。
短い曲という指定でしたから、展開部は一切作らずシンプルです。
お能、お神楽、雅楽調の要素を取り入れ、所々に複合和声を使いました。
最後の音は『カルミナ』の最初の音と同じ“D”です。
自分の曲を説明するのは難しい(-""-;)

~②へつづく~
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-11-11 17:54
再演!京都南座『蝶々夫人』
南座で初めてクラシック演奏をしたのは何と私ですm(__)m

数年前、南座さんより光栄な依頼を受け、初クラシックコンサートが2010年大晦日に開催されました。

再演のお話を頂戴した時、南座の特質をもっと使いたいと思い、年々徐々にオペラ全幕開催に向かってました(^_^)v

そして今年2月に京都南座に於いて初オペラが上演されました\(^o^)/

京都ならでわの舞台を創りたく、井上流お家元の井上八千代さんに振付けをして頂き、祇園の芸妓さん舞妓さんも、蝶々夫人の友人役として出演し、舞ってもらいました。

その京都南座での『蝶々夫人』が来年再演される事になりました。

◎2015年
1月31日(土)
2月1日(日)
大和証券グループ Presents 西本智実プロデュース
座オペラ in 南座 ~オペラ「蝶々夫人」全幕上演~

公演情報HP
イルミナート公式ツイッター

冬の京都に、美しい桜を咲かせたいと思っています。
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-11-09 21:26
オーチャードホール定期演奏会
11月14日に開催されます、オーチャードホール定期演奏会の合唱リハーサルがありました。
合唱団もとても集中力のあるリハーサルを積んできております。


複合施設を有し、渋谷の顔 文化村として様々なシーンで発信を続ける
東急オーチャードホールさんと共に、今回のような総合芸術としての
「カルミナ ブラーナ」を発信できますことを大変うれしく思っています。

リハーサルでは、各セクションが別々に準備をしておりますから、本番直前のリハーサルでようやく全セクションが集まります。
芸術監督としての役割で、最初に私が全体の絵を描きますが、その後は専門各セクションに任せ、それらがいよいよ仕上がり段階に入ってきています。
ロジックとイメージを持ちながら、各自が本番日に向かっていく緊張感をひしひしと感じています。

気がつくと、陽が暮れるのも随分早い季節になり、リハーサル時間もアッと言う間に過ぎました。
リハーサルで汗をかいた後は身体も疲れていて風邪をひきやすいので、
合唱団の皆さんどうぞ気をつけていて下さいね。
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-11-08 19:20
ヴァチカン授賞式
授賞式の模様が
YouTubeにアップされています(;゜0゜)

YouTube授賞式

赤いお帽子の方が枢機卿長さまです。
車椅子の方は前ローマ教皇のお兄様の枢機卿さまです。
前回の【名誉賞】授与は
2010年、前々回の授与は2008年との事です。


約1時間の授賞式でした。
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-11-05 22:43
ヴァチカンでの日々~その2~
今年演奏する ミサは
ローマ教皇によるミサに次ぐ格式の
【ローマ教皇代理ミサ】
それ故にこのミサの模様は
世界数十ヵ国にヴァチカン放送によって同時中継されました。
ミサはヴァチカンの総理大臣である枢機卿長が執り行い厳粛で荘厳の極みでした。
このようなミサで儀式の要を担う音楽を任せて下さった事に感謝しながら、儀式と音楽のタイミングなどミスがあってはならないという緊張感もありました。
ミサの始まりを知らせる 鐘の音がサンピエトロ大聖堂に響くと
世界一のパイプオルガンが荘厳に演奏され始めます。
遠くから(サンピエトロは写真一枚で全容がとても撮れない大きさです)、
お香の煙を揺らしながら
子供、神父、司教、枢機卿が枢機卿長(枢機卿長の背後にはスイス人衛兵が付きます)が見え始めミサの場に近づくと
天に向かい突き抜けるようなパイプオルガンの和音が広大な大聖堂に響き渡りました。
a0155408_12322995.jpg

~つづく~
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2014-11-05 12:33



指揮者西本智実のオフィシャルブログ。ロシアーヨーロッパー北米ーアジアー南米ー中東の順に約30ヶ国でこの道の旅を続けている。趣味はドライブと温泉。和食や和工芸をこよなく愛している。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
未分類
最新の記事
開放感
at 2017-03-24 17:56
本日のミステリアスジャパン
at 2017-03-19 11:22
2つの準備
at 2017-03-13 22:44
INNOVATION CLA..
at 2017-03-13 21:54
顔が見えるオーケストラ
at 2017-03-06 14:37
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
ライフログ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧