Top
<   2015年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
日韓国交正常化50 周年記念コンサート
韓国政府が主催する
日韓国交正常化50周年記念コンサートが、
明日サントリーホールで開催されます。

今日はそのリハーサルでした。
スミ・ジョーと一年半ぶりの再会(^^)
スミさんとはリトアニア国立響で初共演依頼、これまで約20公演共演してきました。

特に アメリカでのコンサートツアーの事は、、、
ロサンゼルス、オレンジカウンティ、そして ニューヨークのカーネギーホールでの共演は忘れられないものです。

レコーディングも共にしており、クラシック好きの方たちにはお馴染みの
黄色いラベル【ドイツグラモフォン】から発売されています。

a0155408_2274015.jpg


a0155408_2275986.jpg



ヴァチカンより初めて招聘される事になった時も、
私のたっての希望でスミさんに出演してもらいました。
スミ・ジョーは私の尊敬する音楽家であり、
又とても大切な友人のひとりでもあります。


今回はスミさんから連絡があり、友情の証として明日のコンサートを指揮する事になりました。


プログラムは多彩で、クラシック曲から日本の唱歌・韓国の民謡も演奏するのですが、韓国の民謡を歌い終わった後 スミさんが
“この曲は日本の曲みたいでしょ”と言った曲は確かに日本の演歌のようです。
私が面白いなと思った韓国の曲は「景福宮打令」。
韓国舞踊が見えてくるような曲です。

演奏しながらジーンときた曲は、「アリラン」を管弦楽曲にした作品。
作曲家が自国への愛情と誇りを持って作った事がひしひしと伝わってきます。
韓国の人たちがとても大切にしている作品を、私も敬意を持って指揮したいと思います。

ソウル市少年少女合唱団と杉並児童合唱団共に 純粋無垢なとても美しい歌声で共演しています。

古代より文化面でも深い繋がりのある日本と韓国が
この先も未来も
より良い関係になりますよう心から願い
明日の指揮を務めさせて頂きます。
a0155408_2282825.jpg

[PR]
by tomomi-nishimoto | 2015-06-21 22:13
ダボス会議In 東京→レコーディング
ダボス会議を主催する、世界経済フォーラムの会議がありました。
私は2007年に同フォーラムより、ヤンググローバルリーダーに選出されました。
その事によって、ダボス会議始め、ホワイトハウスやEU本部などの会議に参加する機会を与えて下さり、そこでお会いした、H・キッシンジャー博士は私のメンター的存在です。
そして、イルミナートはこれらの経験を行動にしているものでもあります。

a0155408_21484983.jpg


衆議院国際会議室に於いてシュワブ博士の挨拶からスタート。

レコーディング情報は改めてご報告します(^^)
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2015-06-20 21:48
グラスパー& エクスペリメント& イルミナートフィル
1曲目はイルミナートフィルによる 『スペイン奇想曲』。
ヴァイオリン、フルート、クラリネット、ハープの各ソリストがアドリブ的要素がある曲をあえて選曲しました。
各楽器奏者たちが集まってオーケストラは成り立っているという事が音からも視覚からも見えたと、Jazzが好きな方々にもとても喜んで頂けて、私たちもとてもうれしいです。

2曲目はグラスパー氏とイルミナートフィルで、
グラミー賞受賞曲
『Jesus children』をピアノ協奏曲スタイルで演奏しました。

本当にに素晴らしかった!
この曲でグラスパー氏は、マイクを通さない弦楽器の音色に交わるようにとても美しいタッチで弾き、圧巻のアドリブ演奏に私は感動のあまり客席で聴きたい気持ちが沸き起こっていたほどです。
ライブハウスの良さとはまた違った、コンサートホールの中で浮き立つ響きを、短いリハーサルの中でグラスパー氏は察知し、使いこなしていたのです。

第2部に入るまでの休憩中、私は楽屋でひとり、リハーサルでのアドリブを全部忘れてとにかく彼らからの波動のようなものを感じた方がいい、という思いに至りました。

そしていよいよ第2部
グラスパー・エクスペリメントとイルミナートフィルの共演。

グラスパー氏はもちろんですが、ドラム、ベース、サックスの素晴らしい事!
ドラマーの彼は天才です!

イルミナートフィルのメンバーも私も客席の皆さんが揺れ動いていたように、アドリブに聴き入っている時に彼らの音楽に身を任せたかったのですが、アドリブがいつ終わるかを常に気にしていましたので、実はその辺りはかなり緊張感があったんですよ( ̄▽ ̄;)
クラシックの人たちは硬いな~なんて思わないで下さいね(゜▽゜*)

一緒に演奏している途中で彼らが1小節長く演奏した箇所も偶発的にありましたが、咄嗟の事で通常オーケストラでは対応不可能に陥るのですが、イルミナートフィルがその咄嗟を察知してくれて私の指揮に柔軟に対応してくれたので、何の問題もなかったように、ピッタリバッチリうまくいきました。

他にもかなりエキサイティングな事はありました。

グラスパー氏から私に合図をくれる約束をしていた箇所が幾つかあり、リハーサルでは1小節ごとのカウントをくれましたが、本番ではメロディフレーズにカウントの軸を突然持っていった箇所がありました。
1小節カウントから2小節ごとのカウントに変わっていると咄嗟に感じ、オーケストラに仕切り直し合図をだしました。
次の拍で確信を持てたので、思い切ってオーケストラに私からアインザッツを出しオーケストラは見事にそれを受け取ってくれて、それでその後も何事もなかったようにバッチリ合いました(゜▽゜*)
オーケストラの人数でそういった咄嗟の変更を合わせるのは至難の技で、そんな瞬間が幾つもありましたがイルミナートフィルは難無くやるのが凄いでしょ(^^)!
アイコンタクトも重要な手段なんですが、グラスパー氏は本番でサングラスかけてきてたし(゜▽゜*)
予定調和でないところから生まれてくる面白さがたくさんあり、クラシック作品を演奏する時とはまた違った、本当に素晴らしいコラボレーションをさせて頂きました!
そしてJazzが好きでライブハウスに行きなれたお客さんたちの素晴らしい事。 一緒にステージを作ってくれているのがわかり、そういう中で演奏ができとてもうれしかったです。

終演後、グラスパーとエクスペリメントメンバーもクラシックオーケストラとの共演をとても喜んでくれて、喜びを分かち合いました。
バックステージの彼らはとてもインテリジェンス(^^)
a0155408_16432451.jpg

[PR]
by tomomi-nishimoto | 2015-06-10 16:50
ブダペストフィル=ハンガリー国立歌劇場楽団
ブダペストフィル、前回共演からスケジュールが中々合わず、ようやく久々の共演でした。
彼らとはこれまでに、シーズン最初の定期演奏会、ハンガリー国立歌劇場オペラ『トスカ』等に招聘してもらってきた経緯があります。

東京・富山・大阪公演と続き、
私はグラスパーとの公演を挟み、ブダペストフィルとの最終公演は10日のみとなりました。

和声感、音楽における子音の表現も豊かなオーケストラですからベートーヴェンの構造もゴシック的に建てられるし、ヨーロッパからイスラム圏における様々な語法・リズム・民族色が表現できます。

そしてブダペストフィルは何といってもハンガリー国立歌劇場のオーケストラでもあります。

今回のアンコール曲はモーツァルト『フィガロの結婚』序曲で、劇場オーケストラの側面も聴いて頂きましたがいかがでしたでしょうか。

どこの会場も熱気に溢れ、オーケストラメンバーもとても喜んでいました。

大阪公演では、立ち見席まで出た上早々に完売し、20分の休憩ではお客様の御手洗い休憩が間に合わず、休憩時間も延長になったのですが、袖で待機しているオーケストラメンバーは誰ひとりとして不服な表情はひとつもありませんでした。
彼らと共演する時、毎回手紙やプレゼントももらいます。今回は彼ら自身による手作りのコップ(^^)。
手紙には必ずちょっと古い言い回しの日本語も書いてくれるんですよ(i_i)
私もきっと本で覚えた古い言い回しのハンガリー語を使ってるんだろうな(^^;
そんな彼らとの共演は音楽的喜びをずっしりと感じます。

頭を切り替えて、
明日は jazz。
jazzが大好きなオーディエンスがオーケストラが入って良かったと思って頂けるようなコンサートになるよう最善を尽くします(^^)!
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2015-06-07 17:53
R.グラスパー
a0155408_093492.jpg

今日はグラスパー氏とのリハーサルでした。

私はJazzがとても好きで、車を運転する時にかけるCDはほとんどJazz。
お酒を飲んでパラパラ弾く気ままな即興曲もJazzのコードとフランス和声を合わせたようなものが得意です。
音楽大学では作曲専攻で学び、そのような即興作曲趣味的遊びもたしなみますが、それとは別次元の中、今日リハーサルをグラスパー氏と共にしました。
彼のコードとその進行が非常にクラシカルに感じ、それプラス筆圧のような語り口調がとても美しいなと率直に感じました。

4人の素晴らしいアレンジャーが、オーケストラとの共演のために限られた今日のリハーサルに間に合わせて下さいました。

オーケストラも私もほぼ初見でのリハーサルでしたが、グラスパー氏の世界観にどんどん形どられていきました。
予定プログラムでした、モーツァルトのピアノ協奏曲より、
グラミー賞を受賞した“Jesus Children” を日本の方たちに届けたいという、グラスパー氏の心持ちに私も共感と感動しました。

この“Jesus Children”は表題のごとくグレゴリオ聖歌も出てきます。

まさに温故知新!

Jazzがグラスパー氏によって、よりクラシカルになり新しい世界観の可能性を生み出しているのをひしひしと感じました。

新しく生まれるのは常に困難を伴い大変な事もありますが、
希望と可能性を秘め、それが何よりも美しく、そこには苦労はないとつくづく感じています。

a0155408_091390.jpg

[PR]
by tomomi-nishimoto | 2015-06-02 00:13



指揮者西本智実のオフィシャルブログ。ロシアーヨーロッパー北米ーアジアー南米ー中東の順に約30ヶ国でこの道の旅を続けている。趣味はドライブと温泉。和食や和工芸をこよなく愛している。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
未分類
最新の記事
観劇ベストポジション
at 2017-08-14 15:07
『ロミオとジュリエット』思い..
at 2017-08-12 11:26
気圧
at 2017-08-08 22:32
8月2日は渋谷オーチャードホール
at 2017-08-01 20:33
カツラ
at 2017-07-23 22:01
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
ライフログ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧