Top
<   2015年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
泉涌寺『音舞台』
大プロジェクトが続く中、9月12日は『御寺 泉涌寺』で音舞台がありました。

この模様はTBS系列全国ネットで放送されますので、ぜひご覧下さい
→2015年10月11日(日)深夜0:30~1:24 
  MBS・TBS系全国ネット放送


泉涌寺の境内を舞台にしました今回の舞台、約1年前から
コンセプト→プログラムの選定→舞台構図→バレエの振付け作りと同時に
衣装デザイン等々が始まりました。

『音舞台』の1週間前には『白鳥の湖』の舞台がありましたから、
ダブルでのリハーサルや、トリプルで分業リハーサルをしたりと
イルミナートとしてはかなりハードなリハーサルが続きましたが、
何れも素晴らしい舞台となりましたのも、携わって下さいました全ての方々の、個々の力が集結しました賜物です。


舞台は、佐久間良子さんのオーラによって、この場所がどこに在るのか、
時がいつなのかなど、時空間を超越するところから始まります。

第2部では、イルミナートフィル&イルミナートバレエ&イルミナート合唱団の総力出演です。

『イーゴリ公より“ダッタン人の踊り”』
『アイーダより“凱旋行進曲”』(アイーダトランペットでは、教育プログラムにも力を入れるイルミナートととして、未来を担う高校生たちを採用しました。大舞台に緊張の連続だった彼らも立派に務めてくれました!)
そしてラストは、この度人間国宝に認定されました 井上八千代氏との『ボレロ』。

様々な面を使った舞台構図ですので、観られる場所によってもかなり異なる舞台面になりますから、敢えてそこを使って “ボレロ”ではバレエダンサーたちは四方八方にスタンバイし、客席の間を踊りながら通ってゆき、ラストクライマックスに向け、井上八千代氏が舞う舞台センターに集結していくような作りにしました。

いつ始まったのかもわからないような始まり方にしようと思っていましたので、オーケストラメンバーも 風がそよぐ音や、虫の音色の中に溶け込むような感覚から演奏を始めてくれました。
つまり、バレエダンサーたちの踏みしめる偶発的な砂利の音すらも音なわけです。
そこへ井上八千代氏が登場します。
私が目指した演出意図は
『現実と虚構の間、
これは霧が見せる夢なのか、、それは幽玄』
といったものでしたが、
もはや私の想像を超越したものが、そこにあったように思います。

特筆すべきは、この『ボレロ』に対してはバレエダンサーたちに最後のクライマックスの数小節間は振付けを付けましたが、そこに至るまでは全てアドリブで各自が作ったということ!
井上八千代氏とのインスパイアによって偶然的に生まれるものがあると信じていましたが、やはり想像を絶するものでした。
ホンモノ同士にしか生まれない瞬間の連続でした。

瞬間の刹那は永遠でした。
a0155408_1435313.jpg

本番前の舞台で。
この時はみんな人間らしいですね(^皿^)
お家元のおみ足が可愛いすぎます(*´∇`*)

a0155408_1441063.jpg

終演後、“富美代”にて
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2015-09-15 14:29
イルミナート『白鳥の湖』 In 新国立劇場 終演
積水ハウスプレゼンツ イルミナートバレエ&イルミナートフィル
『白鳥の湖』をご観劇頂きましてありがとうございました。

バレエと音楽、舞台全体が一体となった総合芸術を目指し制作して参りましたがいかがでしたでしょうか。
大反響で、ご観劇頂きました皆さんから連日たくさんの感動のメッセージを頂戴しております。
海外から駆けつけて下さった方たちも多く、皆様方に出演者スタッフを代表しまして心から御礼を申し上げます。

バレエダンサーたちの技量が世界基準で高いのはもちろんの事ですが、各自精神の高さは舞台を制作するにあたり全体の方向性を明確にしました。
真夏の暑いリハーサル時、私から“白鳥たちは各自オデットのつもりで、
また、オデットを救おうとする風であり、沈める翼であり、沈んだ後に残る波紋であるように”と言いましたが、そういった事を各自が咀嚼し見事に表現してくれました。
また、“2羽の白鳥”ではオデット経験者のプリマダンサーが受けてくれており、“4羽の白鳥”では世界一!との呼び声が多数届いております。

そういったメンバー達が中核に舞台を支えあのコール・ド・バレエを作り上げてくれました。

1幕、3幕と各自役を兼任し(早着替えし)、全く異なる役を表現し、
ソリストとしても見事でした!

オデット、オディール、王子、ロットバルトの4人も世界レベルのダンサーとしてイルミナートの『白鳥の湖』世界観を表現してくれてやはり見事でした!

イルミナートフィルも、“バレエの伴奏”という考えではなく、オーケストラピットから舞台上のバレエ表現と共に“言語表現”を超越した世界観を作ってくれました。
コンサートマスターの中島麻さんもオデット・オディール・ロシアの踊りの大ソロでも各自のキャラクターと物語の大きな変わり目を見事に作る演奏をしてくれました!

“総合芸術”はこういった各セクション各自の高い技術と意識の高さが合わさって初めて成り立ちますが、今回の公演ではそれが生まれたと確信しております。
より高みを目指して参りますので、今後もイルミナートの芸術家各自を見続けて下さいますようお願い申し上げます。

今回のバックステージの模様が9月27日BSジャパンで放送される予定ですので、ぜひご覧下さいませ。
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2015-09-09 11:55
『白鳥の湖』In 新国立劇場
イルミナートバレエ&イルミナートフィル
『白鳥の湖』In新国立劇場が9月5日6日いよいよ開幕です。
西本智実公式HP→スケジュール

芸術監督として演出もしております。
その演出の中からプレトーク的に少しご紹介致します。

『白鳥の湖』伝説は数多くあり、『オンディーヌ』はじめ幾つも伝説が枝葉のように派生しています。
そこまで数多くを生み出した
“伝説の本質は何なのか?”
また伝説が国や民族を越えて広がりを見せた
“背景は何なのか?”

そういった事を核にして、チャイコフスキーの音楽と舞台上の表現を有機的に結びつけた演出を目指しました。

一例として
序曲でのモティーフはオデットのモティーフの原形で、この物語は幕が開く前から物語が始まっているのが音楽的に最初の一音から表現されています。
そこで ロットバルトがなぜ悪魔的な存在になったのかを序曲の中に場面として入れ込みました(悪魔のモティーフも出てきますので)。
ここに様々な伝説を蘇らせました。
『実はロットバルトが長男で、継母の生んだ子がジークフリートだった』
『成人の証(皇位継承)の弓矢をロットバルトから奪い取り、ロットバルトは湖に沈められる、、この時まだ生まれたばかりのジークフリート。彼が成人した時にこの弓矢を授けられる』
『怨念だけが生き残り、ロットバルトは形を変えて甦った』

序曲の悪魔のモティーフは怨念を背負ったロットバルトを作った者たちのものという私の音楽的解釈です(`Δ´)
3幕ではいつの間にかロットバルトが王座に座っている所にも注目して下さい。
花嫁を決める象徴でもある花束が
ロットバルト→ピエロ→王妃の順番に差し出され、やはりいつの間にか立場逆転にしている所にも注目して下さい。
3幕最後、ロットバルトの復讐は遂行され 私の演出ではジークフリートの王国は滅びます。
それ故にジークフリートは白鳥の森に再び入って行く、、
→4幕へ・・・

少しだけの説明でしたが
イメージちょっとわいてきましたでしょうか?

イルミナートバレエダンサー達も素晴らしく、大阪公演大反響で沢山のメッセージを連日頂戴しています。
a0155408_054288.jpg

(大阪公演完売です(^^))

ぜひ新国立劇場でのイルミナートバレエ&イルミナートフィル『白鳥の湖』を観に来て下さい。
[PR]
by tomomi-nishimoto | 2015-09-04 00:55



指揮者西本智実のオフィシャルブログ。ロシアーヨーロッパー北米ーアジアー南米ー中東の順に約30ヶ国でこの道の旅を続けている。趣味はドライブと温泉。和食や和工芸をこよなく愛している。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
全体
未分類
最新の記事
第25回イルミナート教育プロ..
at 2017-12-10 22:36
紅葉
at 2017-12-03 23:46
ローマ法皇に有馬頼底氏が
at 2017-11-09 09:39
第16回 ヴァチカン国際音楽..
at 2017-11-08 12:21
ローマ法皇代理ミサ
at 2017-11-07 12:06
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
ライフログ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧